はじめに:進行非小細胞肺癌におけるSVCOの応答および関連する生存転帰に影響を及ぼす予後および治療因子について報告する。

材料および方法:2008年11月から2011年12月まで、SVCOを有する18人の連続して診断されたNSCLC患者が本研究に含まれた。 患者,腫ようおよび治療関連因子を分析した。 全生存の中央値(OS)、Kaplan−Meier生存プロット、T検定、Cox比例ハザードモデルを、複数の共変量(MVA)によって生成し、SPSSソフトウェア(バージョン1 9.、シカゴ、イリノイ州)。

結果:基礎となる肺悪性腫瘍の病理学的診断の前にSVCOを提示した患者(72%)が、化学療法による治療を開始した後にSVCOに進行した患者(28%)が5人(28%)であった。 十二(68%)の患者は、緩和放射線療法の完了時に閉塞から主観的な救済を達成しました。 投与された生物学的に同等の投与量の中央値は28Gyであったが、腫瘍専門医の治療は11(62%)の画分あたり4Gyを好ましい。 六つ(33%)の患者は、治療の過程で化学療法を受けました。 コホート全体のOSの中央値は3±1.85mthsと1年生存率7%であった。 一変量解析により、良好なパフォーマンススコア(p=0.02)および化学療法に対する部分的応答(p=0.001)を有するSVCO患者は、優れたOSを有することが確認された。 しかし、MvaのCox回帰モデリングは、良好なパフォーマンスSVCO患者(p=0.05)のみがより良いOSを持っていることを示しました。

結論:RTは効果的にSVCOを軽減しますが、我々の臨床シナリオに関連する全体的な貧しい生存率は、マルチモーダリティアプローチで改善する必要があります。 補助化学療法は、良好な性能の患者における最初の放射線療法の後に考慮されるべきである。

キーワード:上大静脈閉塞(SVCO)、放射線療法、化学療法、非小細胞肺癌(NSCLC)、ベッド(生物学的に同等の用量)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。